ニュース: 会社から自宅までアルクと初めて帰った日

2018年04月19日
会社から自宅までアルクと初めて帰った日
「今日は身体が軽く感じる、家まで帰ってみようか」とトレードマークのデカ
かばんを会社に置いて、革靴スーツ上下姿の手ぶらで18時半に出発しました。
天候は晴れ20℃、夜風に当たりながら額に汗ばむ程度で気持ち良かったです。
結果、22時前に自宅に到着し完歩達成!道中2回の休憩(夕食、軽食)約1時間
を差し引くと、約13.5kmを2時間半で完歩(約18000歩)したことになります。
 今回の約18000歩は、普段の(電車通勤片道のドア・ツー・ドア約40分の内)
徒歩約2500歩に比べると、約7.2倍の運動をしたことになります。
 また、13.5kmを2.5時間で割ると、平均5.4km/hのやや早歩きと言えます。
8駅(5駅:吉野原駅→大宮駅、3駅:大宮駅→北浦和駅)をスキップした形です。
 今回急の気まぐれ出発で、両膝サポーターや冷湿布も用意していなかったの
ですが、両膝の古傷(共に前十字靭帯断裂の再腱手術済)の痛みがほとんど出
なかったのが嬉しかったです。
 前回(3/25付)ウォーキング30kmにエントリーしながら約15km時点で強制
終了したのは、花粉症状の悪化もありましたが、左膝が悲鳴を上げてしまった
のが一番の要因です。普段歩き慣れていない反省から、大宮駅から北浦和駅まで
の約5km(約50分の平均6km/h)を一日置きにアルクと一緒に帰っております。
そこで、アルク有無の比較検証をした結果、有りの日(4/5付)は約6150歩、
無しの日(4/9付)は約6450歩となり、アルク有りの方が歩幅が大きくなって
いることが分かりました。
 前半は、闊歩で歩幅も腕の振りも大きく、勝手に足が前に出て軽快にテンポ
よく歩け、後半は、多少の疲れからか歩幅は小さくなってもバネの力と振り子
の動きが作用したアシストで、効率よく歩き続けられます。ゴールの一駅前に
かかるラストスパートでは、意識して大股で歩くと、アシスト効果を実感でき
ました。これからも体力身体作りに”アルクで歩く”という無理のない運動を
続けていこうと思います。(社長談)
2018年04月19日